公務員になるにはまず面接官に自分をアピールしよう

文房具

面接官を知る

婦人

公務員になるには試験合格が必須です。公務員試験は筆記試験だけではなく、面接もあります。そのため公務員になるためには面接にも合格する必要があるのです。そこで、面接官はどんな人が行なっているのか確認することが重要なのです。地方公務員の場合面接を行なうのは、人事を専門に行なっている職員です。その委員会のことを人事委員会と言います。このような委員会は地方公共団体に属しているのですが、立場は中立なので、公務員とは異なります。また、この委員会は本職としている人だけではなく、大学の教授や弁護士などが入っていることも珍しくありません。また地方公共団体の職員も面接を行なうことが多く、その人が面接官になっている場合には合格した後に上司となって働くことも珍しくないのです。そのため面接官は将来どんな風に働きたいのかを考え、一緒に働くとどんなメリットがあるのかを考えていることが多いのです。
つまり面接官により自分と働くと楽しいと思わせることができれば公務員になるための面接は合格したようなものなのです。面接官として地方公共団体で働いている役員の場合は職場がどのような場所なのか詳しく理解しているので、具体的にどんな風に働くのかも質問してみることができるのです。そのため面接官は先輩としていろいろ聞き出すこともできるので、合格を見込んでからの話しをすることも自分にとってプラスになるのです。公務員になるにはこうした知識をつけておくのもいいでしょう。