公務員になるにはまず面接官に自分をアピールしよう

女性

専門の知識

レディ

講座を受ける場合には

法律系の資格というのは難しいものが多いですが、司法書士試験はその中でもかなりの難易度を持っています。受験資格はないというハードルの低さではありますが、試験に合格するためには大量の勉強が必要になってきます。これらの多くの勉強を自分一人でこなすのは難しく、また、勉強方法も自分で確立していくのは厳しいものといえるでしょう。司法書士試験を目指す人の多くは、対策を取るために専門の予備校に通って講座を受けているといえます。一から全て講座を受けなくても、どこかで予備校のお世話になっているといった人が多いのではないでしょうか。最初から予備校に通って司法書士試験を目指していくのであれば、45万円から50万円程度の授業料が相場だといえます。しかし、他にも講座が設定されているので、必要な講座だけ受けてもいいかもしれません。

司法書士試験を予備校で

司法書士試験は難関試験なので、勉強に専念する場合もあります。そうなってくると、その間の生活費も必要になってきます。予備校に通うことになると、予備校の費用もかかってきますので、試験を受ける決意をするときにはそれらのことを考えていきましょう。司法書士試験に合格するための講座には、1年から2年ほどかけてカリキュラムが組まれていることが多いです。その他にも、短期的に学習するために1年未満のカリキュラムが組まれているコースもあります。どういったコースで勉強するのかは、勉強を始めた時期にもよります。通信で学ぶこともできますが、どういった教材を使っていくのか、質問はしっかりとできるのかを確認して選ぶようにしましょう。